神宮花火大会は東京タワーから見える?六本木ヒルズの展望台は?

今年も神宮外苑花火大会の季節がやって来ましたね。
東京タワーや六本木ヒルズから見えるなら見たいなーなんて思っているあなたに、どんな風に見えて混み具合はどうなのかを教えちゃいます!
他の展望台からはどうなのかも気になりますよね。

花火大会に行く前に、チェックしてからお出かけください☆

スポンサードリンク

神宮花火大会は東京タワーからどう見える?

東京タワーは展望台が2つありますね。
大展望台と特別展望台です。

どちらの展望台からも神宮外苑花火大会の花火を眺めることができますよ。

打ち上げ場所から少し離れているのでどうしても迫力には欠けちゃうんだけど、花火の全景を見ることができるので人気の展望台なんです。

実際の映像を見た方がイメージ湧きますよね。
こんな動画を見つけたので見てみてください!

どうでしたかー??

思っていたより見え方が小さいなーと思う人もいるだろうし、花火大会の会場じゃないからこれくらい見えれば十分という人もいるでしょうね。
花火の全景が見られるっておもしろいなんて意見もあります。

気になる混雑具合ですが、やはり毎年混み合います!!
早めに行っていい位置を確保しておく必要がありますね。

東京タワーから神宮花火大会の花火を見るには、新宿方面が見える場所ですよ!

ちなみに東京タワーの展望台の料金はこうなってます。
・大展望台 大人820円
・特別展望台 大展望台の料金に600円追加

六本木ヒルズの展望台から神宮花火を見た場合は?

それでは、六本木ヒルズの展望台からの神宮外苑花火大会の花火の眺めはどうでしょうか。

スポンサードリンク

こちらは森タワー52階の室内展望台・東京シティビューの北西側から花火を見下ろすように見ることができますよ。
当日は屋上の展望台スカイデッキの営業時間を延長するので、屋上で夜風に吹かれながら花火を鑑賞することもできます!

動画は15階からの花火の様子なんですが、見える花火の大きさを確認するには参考になると思います。

そして、やはりこちらも混雑します。

室内展望台の東京シティビューでは打ち上げ開始の2時間前から入場規制や指定エリア外の立ち止まり禁止になります。
基本的には荷物などでの席取りも禁止されていて、立ち見ですね。

ただ、指定エリア外で立ち止まって見ることはできないので、早めに行って場所を確保しておくしかなさそうですね。

屋上の展望台スカイデッキも、16人乗りのエレベータで行くので時間帯によってはかなり待つことになります。
やはり早めに行くのがベストでしょう。

六本木ヒルズ展望台の料金はこちら。
・室内展望台東京シティビュー 大人1500円、学生1000円(学生証提示)
・スカイデッキ 東京シティビューの料金に500円追加

神宮花火大会の見える他の展望台はどこ?

他に神宮外苑花火大会の花火が見える展望台としては、都庁展望台もありますね。
こちらは無料で楽しめます。

が、やはりみんな考えることは同じ。
毎年混雑しますね。

だいぶ離れていますが池袋サンシャインシティの展望台からも見えるといえば見えますね。
距離があるので花火はゴルフボールくらいの大きさ。
十分に楽しめるとは言い難い感じですかね。
その分こちらは空いていますね。

まとめ

神宮花火大会は都心で打ち上げる花火大会なので、玉が小さ目なんです。
なので、ちょっと離れると迫力に欠けてしまうんですね。

東京タワーや六本木ヒルズからの眺めは、遠目でもいいので花火が見えると嬉しいなという方におすすめですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です