運動会のお弁当の中身は何?前日にできる簡単なものを紹介。

b5daddab4a53f9556c6ed9034e1664d6_s
運動会ではお子さんの活躍が楽しみですね。
お子さんも、お家の人と一緒に過ごす運動会を楽しみにしているでしょう。
そして何といってもみんなで食べるお弁当のおいしいこと!
当日は準備でなにかとバタバタしますので、できれば前日からお弁当の用意をしたいものですね。

スポンサードリンク

運動会のお弁当の中身は何をいれる?

まず決めなくてはならないのがお弁当のメニュー。
普段作り慣れていなかったり、いつもと違う特別なものにしたいと考えだすとなかなか決まらないものです。

お弁当の定番といえば、
・おにぎり
・サンドイッチ
・から揚げ
・卵焼き
・ウインナー
といったところでしょうか。

定番のものだけでは物足りないのではないか、いつも同じになってしまうという場合に簡単にお弁当の中身を決められる方法があります。

それは、お子さんの好きなものを入れてあげることです。

運動会は子供にとって思い出に残る楽しいものです。

思いっきり動いてお腹を空かせて、好きなものをたくさん食べる。

これだけで十分に輝いた一日になるはずです。

まずは、お子さんの好きなものを作りましょう。
飲み物も、例えばポカリスエットなど、普段の食事では出さないけれどお子さんの好きなものを持っていってはいかがでしょうか。

ポカリスエットなどは熱中症の対策にもなりますから、おすすめですね。

また、定番のおかずでも一工夫するだけでぐんと華やかなおかずになります。

・おにぎり・・・炊き込みご飯やお赤飯でつくると見た目も華やかです。
・ウインナー・・・串をさしてまわりにホットケーキの素をつけ、揚げればアメリカンドッグのようになります。
・卵焼き・・・カニカマなどを入れて焼くと特別な感じになります。

あとはデザートに果物を食べやすく切ってつめると、お子さんも喜びますし、豪華になりますよ。
おかずににおいがうつってしまうので、果物は別の容器に用意するとよいでしょう。

スポンサードリンク

運動会のお弁当は前日に用意しよう

運動会当日はお弁当以外にも出掛ける準備で何かと忙しいものです。

ましてや場所取りで早く出掛けなくてはいけないなんて場合もありますよね。

できるだけお弁当も前日のうちに用意しておけば、当日の朝が楽にすみます。

・おにぎり
前日に炊き込みご飯やお赤飯を炊いて、おにぎりを作っておきます。
焼きおにぎりにしても香ばしくておいしいですよ。

前日に作ると傷むのが心配…という方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。
おにぎりを前日に作り置きしてお弁当にするには冷蔵庫でいいの?

・サンドイッチ
キュウリやレタスをはさむとなると当日の朝につくったほうがおいしいので、中に挟むものを工夫します。
ミートソースやドライカレーなどをはさむと、変わったサンドイッチになりますし、前日から作っておくことができます。

・煮物
かぼちゃの煮物やジャガイモの煮っころがしなどの煮物は冷たくてもおいしく食べることができます。

・グラタン
前日に作ってお弁当用のおかずをいれるカップにいれておきます。
当日の朝はチンするだけですみます。

前日の夜に作って冷蔵庫で保管し、当日は保冷バッグに入れて持っていけば、ここに挙げたもの以外でもだいたいのものが作り置きできると思います。

食材の傷みが気になるようでしたら、お酢の入ったメニューやシソを使ったメニューを選ぶとよいでしょう。

運動会のお弁当で簡単にできるものとは?

前日用意するにしても、当日の朝作るにしても、簡単で見栄えのするお弁当のメニューを知っておくと便利です。

・おにぎり
混ぜて炊くだけの炊き込みご飯の素で作ると簡単です。

・サンドイッチ
市販のから揚げを薄くスライスして、キュウリやレタスとはさみます。
から揚げに味がついているのでおいしいです。

・お稲荷さん
外側は味付け済みの揚げを用意し、中身はチラシ寿司の素を混ぜるだけでできます。
下記のように詰め方を少し変えるだけで見た目が変わって豪華になります。

1.そのまま詰める。
2.揚げを裏返して詰める(見た目が変わります)。
3.揚げの上に、さくらでんぷをかける。
4.揚げの上に、ゴマをかける。
5.揚げの口を上にして、錦糸卵やきぬさやを飾る。

まとめ

お子さんの好きなものたっぷり詰めて楽しい運動会になるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です